アンジェリカワックス 肌 負担 軽減

MENU

肌への影響を軽減する!

ワックス脱毛は、人によっては肌トラブルを起こしてしまうリスクもある脱毛方法です。
そのため、できるだけ肌に優しい処方のものを使用する必要があります。
また、肌が強い人でも使用方法を間違えれば肌トラブルのリスクが高まるので、注意しましょう。

 

健やかな肌で実施する

例えば肌の状態がひどく乾燥していたり、アトピーやニキビなど肌トラブルが発生しているような時には、ワックス脱毛は避けた方が良いでしょう。
健やかな肌状態で実施してこそ、トラブルのリスクが減らせる方法なので、まずは肌トラブルをしっかり完治させてしまいましょう。

 

そのためには、日ごろからボディの保湿ケアを徹底しておくことも大切です。
入浴後には顔のスキンケアだけでなく、ボディにもローションなどで保湿をして、健やかな状態に整えましょう。

 

施術後にはクールダウン

ワックス脱毛の施術を行った後には、肌は赤みを持ちます。
この状態をできるだけ早く改善するために、クールダウンを実施しましょう。
冷たく絞ったおしぼりなどを使用して、施術部位をよく冷やしてあげます。

 

また、飲酒や運動、入浴といった体を温める行為は、血行が良くなり火照りや赤みがひどくなるケースがあります。
そのため、こういったことはできるだけ避け、赤みが治まるまでは安静に過ごしましょう。

 

しっかり保湿ケアを!

ワックス脱毛後の肌トラブルをできるだけ起こさないようにするためには、しっかりと保湿ケアすることが重要です。
脱毛直後の肌というのは、毛穴が開いた状態になっています。
このままだと、毛穴に雑菌が侵入しやすく、様々なトラブルを起こしやすくなってしまうのです。

 

そこで、低刺激なローションなどを使用して肌をしっかり引き締めてあげてください。
保湿すれば、肌自体も健やかな状態になるので、炎症などが起こるリスクを減らすこともできますね。